JR御殿場駅より徒歩6分の産婦人科

共立産婦人科に受診されている妊婦の方々へ|公益社団法人 有隣厚生会 共立産婦人科医院

Title
新着情報

カテゴリー:

共立産婦人科に受診されている妊婦の方々へ

  • お知らせ
  • 当院の感染病予防対策について

共立産婦人科医院に受診されている妊婦の方々へ

皆様、コロナ窩における妊娠生活、ご不安かと思います。
共立産婦人科医院では、現在最大限の感染対策を実施し、玄関における検温体制、御入院時のPCR、計画分娩を実施しています。
特に計画分娩ですが、どうしてその必要性があるのか?について改めて、ご説明をさせて頂きます。
自然陣痛発来(陣痛が自然にきた場合)し、妊婦さんが共立に受診したとします。妊婦さんのコロナウイルス感染のチェックをご入院時に行ったとしても、
結果は翌日夜となります。妊婦さんは無事に赤ちゃんを分娩しました。翌日の夜、コロナウイルス感染陽性でした。と仮のお話として致しましょう。

入院中の他妊婦さん、新生児の赤ちゃんにコロナウイルス感染のリスクが上昇します。万が一、その妊婦さんから他の患者さんや新生児の赤ちゃんに感染した場合には、感染を受けた妊婦さんや新生児の赤ちゃんは、命に関わるリスクを負う可能性があります。残念ながら、コロナウイルスの特効薬は未だありません。

すでにご存知かもしれませんが、報道でもあるように、妊婦さんの感染者の増加、また妊婦さんが感染することで赤ちゃんが感染したという報告が日本国内であります。
通院されている妊婦さんのコロナ感染リスクを最大限回避するためには、自然陣痛発来にて妊婦さんが来院された場合、コロナウイルス感染症をその来院した時に診断することが出来ません。全ての妊婦さんを安全に安心して受診し、安全に安心した分娩をして頂くためには、コロナウイルス陰性の患者さんのみの分娩管理とし、入院生活を送ることと考えております。すべての妊婦さん、新生児を守るためには、入院直前にコロナのPCRを実施し、計画分娩にすることで感染者を院内に入れずに済むこととなります。
ご理解のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

今回、政府が緊急事態宣言を解除しました。有隣厚生会グループの感染対策ミーティングが3月22日月曜日に富士病院にて開かれ、緊急事態宣言が終わった今、我々のグループも対策を少し緩和するかどうかについて議論致しました。現在、御殿場では感染患者さんが増えております。そんな中、緊急事態宣言を政府が終了したとしても、コロナ感染患者数が御殿場にて減っていない今、安全管理の解除は妊婦さんと新生児の赤ちゃんの安全を確保できないと判断することになりました。

結論は、5月末日まで厳重なる態勢を継続する方針です。皆様にご負担をおかけしますが、コロナ感染症より妊婦さん、新生児の赤ちゃんを守るには、計画分娩であり、前もってPCRチェックをすることを継続することとなります。私ども共立産婦人科医院は、これからも安心、安全の分娩管理、新生児管理を目指して参ります。
皆様のご理解のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。
また状況が変わりましたら、皆様にお伝えしたいと思います。
皆様とともに、コロナ対策を徹底し、安心、安全の妊娠管理、分娩管理、新生児管理を目指して行きたいと思います。

有隣厚生会共立産婦人科医院

ページトップへ戻る