JR御殿場駅より徒歩6分の産婦人科

新型コロナウィルスワクチンについて|公益社団法人 有隣厚生会 共立産婦人科医院

Title
新着情報

カテゴリー:

新型コロナウィルスワクチンについて

  • お知らせ

共立産婦人科医院を受診されている方へ
日頃、共立産婦人科医院のコロナ対策に多くのご理解を頂き、誠にありがとうございます。
本日はコロナウイルスワクチンについてお知らせ致します。

最近、当院診察時にコロナウイルスワクチンについてのご質問を多くいただきます。
妊娠を考えている方や妊娠中のコロナウイルスワクチンの接種について、改めて日本産婦人科感染症学会や厚生労働省のHPより一部抜粋して掲載させていただきます。

妊娠中に新型コロナウイルスに感染した場合、妊娠後期の感染で重症化する場合があると報告があります。
そこでコロナウイルスワクチン接種のメリットが、コロナワクチン摂取のデメリットを上回る可能性がある場合、つまりコロナウイルス感染のリスクが高い医療従事者や基礎疾患(糖尿病、高血圧、気管支喘息など)を持つ方に対しては接種をご検討ください。

また副反応が発症する割合は妊娠中の方と一般の方では差がありません。副反応として、妊娠中の方が発熱した場合は、早めに医師に相談して下さい。解熱剤については妊娠週数に応じてご相談する必要があると考えています。

ご本人様がコロナワクチンを受ける際に、予診票には妊娠中であるという欄にチェックをつけていただき、接種会場の医師に伝えてください。
また、妊娠を計画中の方については、妊娠前に接種を受けることをご検討ください。胎児の器官形成期である妊娠12週までは、偶発的な胎児異常の発生との識別に混乱を招く恐れがあるため、接種を避けていただくことを推奨しています。授乳中の方については、現時点で特段の懸念が認められていないため、海外でも接種の対象とされています。 ワクチンを接種するかお悩みの方は、まずは専門医師や主治医にご相談ください。

当院では、皆様のコロナウイルスワクチンに対する不安が少しでも軽減できるよう努めていきたいと考えています。
何かご質問がありましたら、いつでもスタッフにお声がけ下さい。

ページトップへ戻る